【文章・画像すべて許諾済み】North Continent 『十勝 ブラウンスイス&八丁味噌とプルーンのデミグラス』

みんな大好き!北海道産ハンバーグ専門店「North Continent」の絶品ハンバーグ

2021.05.21

今日はなに食べよう?

外食で何を食べようか迷うとき、真っ先に思い浮かぶのは洋食、とくにハンバーグ。

そんな方も多いのではないでしょうか?

そんなあなたにおすすめしたい北海道産ハンバーグ専門店、それが「North Continent(ノースコンチネント)」です。

「ママの次に美味しいハンバーグ」を堪能できる専門店

今年で開店17年目を迎える「ノースコンチネント」は、札幌市内に2店舗を構えるハンバーグの名店。

「まちのなか店」は“都心の森”をモチーフに、地下ならではの落ち着いた雰囲気が特徴です。「宮の森本店(写真)」は、札幌中心部から少し離れた立地で、夏期には外との仕切り窓を開放し、風通しの良い爽やかな店内となっています。

店舗によって少し雰囲気が違うので、ご希望のシチュエーションに合わせて、店舗選びをするのもいいですね!

お肉の個性で北海道を旅する

「ノースコンチネント」が掲げるコンセプトは“お肉の個性で北海道を旅する”です。ハンバーグには牛・豚・鶏・鹿といった北海道で育った自慢のお肉を使用しており、自社工房で丁寧に仕立てています。

これにより、お肉の個性を最大限に引き出す“専門店ならではの工夫”が詰まった、ここにしかないハンバーグができあがります。

 知ればますます美味しくなる!おすすめメニューをご紹介

このお店の魅力の1つが“お肉とソースの組み合わせが選べる”ことです。季節によって若干の変更はありますが、お肉5種類とソース8種類の中から“自分好み”の組み合わせを“選んで楽しむ”ことができます。

ただ、お肉とソースの種類がありすぎて何を選べばいいかわからない、どの組み合わせが合うのか分からない、なんてこともありますよね。そこで、筆者のおすすめメニューと、知っているとちょぴっとうれしいトリビアをご紹介します。

筆者のおすすめは『かみふらのポーク&古典のステーキソースと自家製の生七味(写真)』の組み合わせです。筆者の出身である富良野の雄大な自然で育った締まりのあるポークを、玉ねぎたっぷりのシャリアピンを洋風にアレンジしたソースで味わいます。実はこのシャリアピン、戦後日本の歴史が詰まった気風あるソースなのです。

そして、忘れてはならないのが、小皿についた『自家製の生七味』です。シソの実をはじめとするさまざまな薬味を丹念に練り上げた生七味は、当初、お肉と生七味だけで提供しようとしていたくらい、自信たっぷりの付け合わせ。“生七味こそが主役(店主談)”だそうです。

辛味はそれほど強くないので、このメニューを注文した際には、必ず使ってくださいね!

 おうちハンバーグで食卓が少し豪華に

おうち時間が増えるこの頃、頑張る自分に少しの贅沢をプレゼントしたくなりますよね。そんなときにおすすめなのが、「ノースコンチネント」の『クラフトハンバーグ』シリーズです。

道産のお肉を最も合うトッピングでいただくハンバーグ。オンラインショップでは、お店のメニューにはないハンバーグが豊富に取り扱われています。

おうちにいても、道外にいても、専門店が自信をもってお届けする北海道のお肉を味わうことができます。彩り豊かな見た目と確かな味わいをお楽しみください。

 

何気ない日常に彩りを。少しの贅沢を。

道産ハンバーグ専門店「ノースコンチネント」の絶品ハンバーグを味わってみてはいかが。

<店舗情報>

■店名:North Continent 宮の森本店
■住所:北海道札幌市中央区北5条西29丁目2番地1 エステート宮の森1階
■電話番号:011-613-8809

■店名:North Continent まちのなか店
■住所:北海道札幌市中央区南2条西1丁目6 マリアールビル地下1階
■電話番号:011-218-8809

■公式HP:http://www.north-continent.co.jp/
■オンラインショップ:https://north-continent.shop-pro.jp/

【画像】(有)北大陸

⇒こんな記事も読まれています

北海道民がおすすめ!わざわざ食べに行きたい「道の駅ご当地グルメ」3選

函館に行ったら一度は食べたい!地元住民に聞いた函館のソウルフード5選