TOP > 知る > えりも町まるわかり情報【観光・グルメ】
北海道 襟裳岬

えりも町まるわかり情報【観光・グルメ】

えりも町は北海道の道南端に位置しています。豊かな水産資源をいかして漁業を基幹産業としており、海産物が豊富な町です。また、国内屈指の強風地帯として“風極の地”と呼ばれています。観光名所として全国に有名な「襟裳(えりも)岬」は歌の歌詞にも使われることがあり、多くの観光客が訪れます。

えりも町の基本情報

所在地

北海道日高振興局に属する町です。様似町と広尾町に隣接しています。

面積

283.93km2

人口

4,511人・2,112世帯*

*令和3年2月末現在

由来

アイヌ語で「エンルム」、突き出た頭の意味です。これが転訛して「エリモ」になったと考えられています。

引用:北海道えりも町

えりも町へのアクセス

えりも町にはJR駅がないので車やレンタカー、バスでアクセスします。

<札幌からのアクセス>

札幌市内から高速道路を走ると車で約4時間です。

高速バス『高速えりも号』は札幌駅からえりも町まで4時間程度です。「大谷地バスターミナル」からえりも町までは約3時間30分です。

<道外からのアクセス>

飛行機は「新千歳空港」または「とかち帯広空港」がおすすめです。

「新千歳空港」からえりも町まで車で3時間程度、「とかち帯広空港」からは車で約2時間です。

えりも町の気候

春と夏に濃霧が発生しやすい地域であり、最高平均気温は24.6℃です。

<夏>

夏は海洋性気候の傾向にあり、北海道内で一番涼しいとされています。

最高気温は26.7℃(2020年)です。

<冬>

冬は北西の季節風が強まりますが、降雪量はとても少ない地域です。

最低気温は-10.8℃(2020年)です。

えりも町のグルメ

えりも町の特産品はサケとコンブ、ウニなどがあります。

サケをコンブで巻いた『えりも巻』は、えりものおいしさが凝縮されており、お土産として定評があります。

また町内の飲食店では、えりもでとれた海の幸を堪能できます。『うに・つぶ・ぼたんえび丼』や『ツブラーメン』はここでしか食べられないとてもぜいたくな逸品!

えりも町の観光

風の強いえりも町には『風の館』という、風について体験しながら学ぶことができる施設があります。周囲の景観や植生と共存できるように、地下に埋もれるようなつくりとなっており、施設の形がカルマン渦(風の渦)をシンボルにイメージされるなど、特徴的なのも見どころの一つ。

「襟裳岬」から見える太平洋には、2km沖まで続く岩礁地帯があり神秘的な景色に出会えます。

イベント

・えりも うに祭り(4月)

・えりもの灯台まつり(8月)

・えりも海と山の幸フェスティバル(10月)

えりも町の周辺情報

えりも町に隣接する自治体の情報はこちら

様似町

広尾町

 

水産資源に恵まれ海産物が豊富なえりも町は、観光名所もある魅力的な町です。

【参考】北海道えりも町 風の町「えりも」観光ナビ 気象庁

【画像】MakiEni、rogue 、ttn3 / PIXTA(ピクスタ)