TOP > 食べる > 口に広がるホタテの旨味!「じゃがポックル」発売から18年にして初の新味
じゃがポックル ほたて塩味

口に広がるホタテの旨味!「じゃがポックル」発売から18年にして初の新味

2021.04.02

北海道のお土産といったら何が思いつきますか?

『じゃがポックル』は全国的にも知られているお土産の1つではないでしょうか。

今回、その『じゃがポックル』の新味である『じゃがポックル ほたて塩味』が発売されました。

『じゃがポックル』ブランドでは初めての味替わり商品で、北海道の大地と海の恵みが織り成す絶妙な味わいが存分に楽しめるんだとか。

ほたて塩味ってどんな味なの?

『じゃがポックル ほたて塩味』は、100%北海道産のジャガイモを使用し、旨味成分を残すために皮付きのまま丸ごとカットしているのが特長です。

カルビーの北海道発お土産ブランド「ポテトファーム」独自の製法でサクサクッとした食感とジャガイモ本来の味わいを感じられる商品を実現。

口に入れたときにホタテ味が感じられ、じんわりとホタテの旨みがひろがるんだとか。干し貝柱の出汁を煮詰めたホタテエキスパウダーと、北海道産ほたてパウダーを使用しています。

パッケージには、波とホタテを描き、海の幸を感じられる水色が採用されました。

「じゃがポックル」のこだわり

『じゃがポックル』の原料となるじゃがいもは100%北海道産。昼夜の寒暖差が大きく、さわやかな北海道の気候が、おいしいじゃがいもを育ててくれます!

北海道産のじゃがいもの中でも製法に適した大きさのものを厳選し、旨み成分を残すために皮付きのまま、まるごとカット。

さらに、「ポテトファーム」独自の製法によってサクサクッとくる食感と北海道じゃがいも本来の味わいを生み出しています。

また、北海道ならではの風味を醸し出しているのがオホーツクの塩。サロマ湖の、汽水域から作られた塩で、くみ上げた海水を釜でじっくり煮込み、マイルドな塩に仕上げています。

ちなみに、『じゃがポックル』の名前の由来は、アイヌ語で“蕗の下の人”を意味する、伝説の妖精『コロポックル』です。

恥ずかしがり屋で人前に姿を見せることはないのですが、夜中にこっそり食べものを置いていくような優しさを持つ、幸せをもたらしてくれる神様として伝えられています!

筆者はこの記事を書きながら、『じゃがポックル』を思い出してよだれがだらだらでした。

北海道の良さがたくさん詰まった『じゃがポックル ほたて塩味』を一度試してみてほしいです!

<商品情報>

■商品名:じゃがポックル ほたて塩味
■内容量:1箱108g(18g×6袋)
■価格:税込み550円 ※オンライン購入時は、別途送料がかかります。
■発売日:2021年3月16日(火)※売り切れ次第、販売終了いたします。
■販売店舗:北海道内お土産店、カルビープラス(イーアス沖縄店・伊丹空港店除く)
※発売日は販売店によって多少遅れる場合がございます。
■ホームページ: https://shop.calbee.jp/marche/shop/a/am03171/
※カルビーマルシェでは2021年3月17日(水)10時より販売開始。

【参考】発売から18年。「じゃがポックル」から新登場!北海道の大地と海の恵みが織りなす味『じゃがポックル ほたて塩味』 / カルビー株式会社

【画像】ゆちよ / PIXTA(ピクスタ)

⇒こんな記事も読まれています

北海道旅行気分をおうちで!お取り寄せで楽しむ「定番小樽グルメ」3選

食べ過ぎ注意?プロお墨付き「やみつきになる」ご飯のお供シリーズ