TOP > 知る > 食の専門売場ができる!北海道最大級の「無印良品 シエスタハコダテ」が4月にリニューアルするらしい
無印良品イラスト

食の専門売場ができる!北海道最大級の「無印良品 シエスタハコダテ」が4月にリニューアルするらしい

北海道、函館市に構える「無印良品」の大型店『無印良品 シエスタハコダテ』が、2021年4月22日(木)に増床リニューアルオープン! 店舗の最新情報を『無印良品 シエスタハコダテ』店舗ウェブページにて順次公開中です。

北海道最大級の無印良品

北海道最大級の売場面積を誇る『無印良品 シエスタハコダテ』では、B1階に北海道・東北地区で初の“食”の専門売場を導入予定。専門売り場には無印良品の標準的な品揃えに加え、野菜、惣菜、グロサリーなど、新鮮な食材や近郊で加工生産された商品が並びます。

また、『無印良品 シエスタハコダテ』は、地元の方々との協業を通して地域社会のコミュニティとした役割も担っていくそう!

「食を通してつなぐ、つながる」というコンセプト

衣・食・住の中でも“食”はその中心となるもの。しかし、多くの商品は名前や価格にのみ注目され、そこに込められた生産者たちの想いや数々の工夫といった情報は知らされていないのが現状です。

無印良品では、「食を通してつなぐ、つながる」というコンセプトを通して消費者と生産者との信頼やつながり、交流を生みだす場を作る取り組みをしていくそう。地元生産者とのつながりが深い野菜・果物の専門店や函館の老舗パン屋、化学調味料・食品添加物をできるだけ使わない惣菜店などを扱い、食を通して消費者と生産者を繋ぐ場としての役割が期待されています。

「函館つながる市」売り場の常設が決定

全国の無印良品で不定期に開催している『つながる市』は、地域の方々と一緒につくり、運営している期間限定のマーケット。『無印良品 シエスタハコダテ』では、過去27回も開催された『函館つながる市』を通して、地域の方々とのつながりを深めています。今回のリニューアルオープンをきっかけに、地域生産者や個人商店の商品を販売するコーナーの常設を決定。

食品に加え、地域の工芸品や地元のアーティストの作品なども販売されます。今後は農家や漁師が直接販売するマルシェや、地域ごとの「うまいもの市」などのイベントの開催も予定されていますよ。

 

『無印良品 シエスタハコダテ』は、消費者が地元生産者との関わりが持てる新しい機会になるようです。

生産者の想いを理解した上で食べるものはいつもより美味しく感じるかもしれませんね。この機会に足を運んでみてはいかがでしょうか。

<店舗概要>

■店名:無印良品 シエスタハコダテ
■所在地:〒040-0011  北海道函館市函館本町24番地1  B1F~3F
■営業時間:10:00 – 20:00
■オープン日:2021年4月22日(木)
■HP:https://www.muji.com/jp/ja/shop/045512/articles

【参考】「無印良品 シエスタハコダテ」増床リニューアルオープンのお知らせ / 株式会社良品計画

⇒こんな記事も読まれています

一度でいいから食べてみて!札幌で外せない「おすすめスープカレー店」3つ

なぜスープ付き?北海道名物「やきそば弁当」が道民に愛される理由に迫る