TOP > 知る > コロナ禍を経て考えた「北海道Likers」が北海道のためにできること
北海道Likersメンバー

コロナ禍を経て考えた「北海道Likers」が北海道のためにできること

2020年、社会はコロナ禍となり、混乱した1年になりました。北海道もコロナの渦に巻き込まれ、苦しい想いをした方も多いはず。

そんな中、北海道Likersをご愛読いただいた皆様。本当にありがとうございました。今回は北海道Likersの想いをお伝えできればと思います。

北海道の魅力を余すことなく伝えたい

北海道は魅力的な場所です。魅力的という言葉では足りないくらい良いところがたくさんあります。

北海道には四季があり自然があり、食べ物は絶品で人も穏やか。愛するポイントはたくさんありますよね。北海道Likersのインタビュー企画『情熱の仕事人』では、北海道で活躍する多くの方々が北海道への愛を語ってくれました。

それなのに、人口は年々減少。転出者が転入者を上回る状況が続いています。そんなのもったいない。

北海道のために我々ができること

北海道Likersは、INCLUSIVE株式会社の北海道に想いのあるメンバーを中心に運営しています。INCLUSIVE株式会社は、数々のメディアを立ち上げ、運営してきた会社です。北海道Likers運営メンバーも今まで数々のメディアに携わってきました。

だからこそ我々が北海道に提供できるのは“情報を発信する力”。

そこで北海道Likersでは、2020年6月、「北海道が大好き」「魅力を伝えたい」という学生に向けライター講座を開催。ウェブの基礎知識や記事の構成・書き方をレクチャーし、実際に記事を書いて添削する実践に即した内容で講座を行いました。現在はその講座を受けライターとなった学生たちが中心となって活動し、毎日記事を更新、月間約100本の記事を配信しています。

しかし、これではまだまだ足りないと私たちは考えています。現在、北海道Likers運営チームの編集担当メンバーは2名、学生ライターが約10名。限られた人数で記事を制作しています。

もっと北海道の魅力を伝えたい人がいるはず。そこに伝える力があればもっと伝えられるはず。

北海道の魅力を伝えたい人が伝える力を磨けるよう、さらに多くの学生にライター講座を提供したいと考えています。目指すは400名。400名の魅力的な発信者とともに北海道を盛り上げていきたいのです。

そういった想いでクラウドファンディング『いまこそ北海道の魅力を届けたい!道民学生ライター育成プロジェクト』を立ち上げました。

北海道の未来を担う発信者育成のために、皆さんからのご支援・応援をお願いできれば幸いです。

残るは17日となりました。感謝の気持ちとして、サイトへのお名前(ニックネーム可)掲載や全国的に人気な「大橋さくらんぼ園」のさくらんぼジャムなどをご用意しております。

 

みなさんもぜひ一緒に北海道を盛り上げる仲間になっていただければ嬉しいです。これからも北海道Likersをどうぞよろしくお願いいたします。

⇒クラウドファンディングプロジェクトの詳細はこちらから

 

【参考】北海道人口ビジョン / 北海道

【画像】まちゃー / PIXTA(ピクスタ)