TOP > 知る > 志賀廣太郎さん追悼。北海道戯曲賞受賞作品「バージン・ブルース」無料配信開始

志賀廣太郎さん追悼。北海道戯曲賞受賞作品「バージン・ブルース」無料配信開始

俳優の志賀廣太郎さんと中丸新将さんが父親役を演じた舞台、うさぎストライプと親父ブルースブラザーズ『バージン・ブルース』。その公演映像を2020年4月に逝去された志賀廣太郎さんへの追悼の意を込め、演劇動画配信サービス『観劇三昧』にて無料配信を開始しました。

北海道戯曲賞大賞受賞作品「バージン・ブルース」

『バージン・ブルース』は、映画・ドラマ・舞台と幅広い分野で活躍する志賀廣太郎(青年団)、中丸新将と、遠隔操作型アンドロイド『オトナロイド』のモデルにもなった小瀧万梨子(うさぎストライプ/青年団)の三人芝居。

大池容子(うさぎストライプ主宰/青年団演出部)が脚本・演出をつとめ、出来損ないと言われた2人の男たちが1人娘とバージンロードを歩くまでを、花嫁の父親が2人になってしまった数奇な運命を紐解きながら、志賀廣太郎演じる父親の葬式(走馬灯)に見立てて濃密な70分の演劇に仕上げた舞台作品です。平成30年度には、希望の大地の戯曲賞「北海道戯曲賞」大賞を受賞しました。

奇妙な家族のありふれた物語

<あらすじ>

舞台は結婚式場の控え室。新婦の女(小瀧万梨子)はウェディングドレスに身を包み、煙草に火をつける。彼女の視線の先には、初老の男たち二人(志賀廣太郎、中丸新将)。夫婦のようにも見える彼らのやり取りを“娘”である女は慣れた様子で眺めていた。“父”の一人である男(志賀廣太郎)の走馬灯として語られる、奇妙な家族のありふれた物語。

奇妙な運命を紐解きながら、あたたかさを感じられる物語になっています。

 

配信期間は1年間で、志賀さんの誕生日である8月31日(月)18:00より来年の同日までの予定。ぜひご覧ください。

<配信情報>

■作品名:うさぎストライプと親父ブルースブラザーズ『バージン・ブルース』
■配信期間:2020年8月31日(月)18時00分〜2021年8月31日(火)23時59分
■配信プラットフォーム:「観劇三昧」https://v2.kan-geki.com
■配信URL:https://v2.kan-geki.com/streaming/play/1786
■料金:無料(観劇三昧の無料会員登録が必要です)

<作品について>

■作品名:うさぎストライプと親父ブルースブラザーズ『バージン・ブルース』
■公演期間:2017年5月4日~21日(会場:こまばアゴラ劇場) 全16公演
<平成30年度 希望の大地の戯曲賞「北海道戯曲賞」大賞受賞作品>
■作・演出:大池容子(うさぎストライプ・青年団演出部)
■出演:中丸新将、志賀廣太郎(青年団)、小瀧万梨子(うさぎストライプ/青年団)、金澤昭(うさぎストライプ)
■公演情報ウエブサイト:https://usagistripe.com/past/virgineblues.html

【参考】追悼:志賀廣太郎さん。うさぎストライプと親父ブルースブラザーズ『バージン・ブルース』、一年間の無料配信を開始しました。 / うさぎストライプ