TOP > 食べる > 風土がFOODを造る。幕別・エルパソ牧場「どろぶた」のジャンボハンバーグ

風土がFOODを造る。幕別・エルパソ牧場「どろぶた」のジャンボハンバーグ

「美味しい肉づくりは、豚が元気で幸せに暮らしていなければならない」豚の健康を願い、2001年から広大な土地で動き回ることでストレスを極力抑えられる“放牧”を始めたのが「エルパソ牧場」の原点。そんな想いが詰まった『どろぶた』の『ジャンボハンバーグ』が自宅で楽しめます。

健康が美味しさに変わる

『どろぶた』は、その名の通り、どろんこ遊びが大好き。十勝の広大な地でのびのびと育てられるオリジナルの放牧豚は、通常よりも2か月長い、8か月もの間たくさんエサを食べて大きくなります。天然の土にはビタミンとミネラルが含まれており、そんな土をも食べる豚の肉は従来の臭みがない上質なものになるんです。

エルパソ

エルパソ

土だけではなく、どんぐりや草の根まで食べる『どろぶた』は、ほかの豚にはあまり見られない“筋肉組織内に脂肪を浸透させる”という特徴が見られるそう。これは旨味成分の素と呼ばれているオレイン酸がどんぐりなどに含まれていることに起因していて、一般的な他の豚肉と比べて多くのオレイン酸、旨味が含まれているとのこと。

エルパソ

エルパソ

そんな旨味が詰まった『どろぶた』の肉を、一つ一つ手作りで作ったのがこの『ジャンボハンバーグ』! もちろん、使用しているのは100%自社で丹精込めて育てた『どろぶた』のお肉。大満足量の1個300gのハンバーグで、1人で豪快に食べるのもよし、2人でシェアしながら食べることもできる商品です。

エルパソ

エルパソ

「風土がFOODを造る」とは牧場オーナーの平林英明さんの言葉。スタッフや周囲の人からは“マスター”と呼ばれ親しまれているその人柄は、牧場で働く人々と十勝の雄大な自然が織りなす風土を生み出すルーツ。美味しい豚肉とともに、平林さんたちの想いも感じてみてください。

お店からのメッセージ

コロナウィルスによる被害が全国で多く広がる中、北海道でも多くの不安が募る中で、日々の生活が難しい状態が続いているかと思います。弊社として、皆様にできる事は少しでも日々の食事が、より良い時間となるように「美味しい」で寄り添えるように頑張ることかと感じています。経済的被害も大きいので大変な時期が続きますが、北海道全体の輪で乗り越えらればと思います。

<商品情報>
■商品名:ジャンボハンバーグ (300g)
■価格:684円(税込)※送料別

<店舗情報>
■店舗名: 株式会社エルパソ
■住所:北海道帯広市西16条南6丁目13番20号
■電話番号:0155-34-3494
■HP:http://elpaso.jp/
■オンラインショップ:http://elpaso.jp/shop/j-hambarg.html
■販売方法:オンラインショップより注文可能