SNOW WHITE CHEESE

北海道からまたもや新スイーツが!チーズ職人ら監修の「生食感チーズ菓子専門店」

“生食感チーズ”をコンセプトにした新ブランド『SNOW CHEESE(スノーチーズ)』が、大丸札幌店に2022年4月12日(火)オープン! 素晴らしい人々や素材との出会いを、チーズ菓子専門店の技術とともに注ぎ込んだ新スイーツに注目です。

生食感チーズ菓子ブランド「SNOW CHEESE(スノーチーズ)」

「誰の心にもいつまでも残るお菓子を北海道から届けていきたい」という想いからスタートした「SNOW CHEESE(スノーチーズ)」。

ブランド名に入っている「SNOW」には、それぞれのアルファベットに意味が込められています。

Sには、SCENT(香り)。香り立つ芳醇なチーズを指します。Nは、NATURAL(自然)。大自然がもたらす恵みから生まれるミルクやチーズ、そしてバターなど原材料の吟味をすること。Oは、独創の意味を持つ、ORIGINAL。今までに無い美味しさと楽しさを、味と食感で具現化した菓子であることを表現。最後に、WはWISDOM(知恵)。日本そして世界を代表する北海道チーズの先駆者達による監修という意味があるといいます。

北海道チーズの先駆者

左上から時計回りに、『共働学舎新得農場』宮嶋望氏、『ニセコチーズ工房』近藤裕志氏、『ブルーチーズドリーマー』伊勢昇平氏、『しあわせチーズ工房』本間幸雄氏 出典: 株式会社Woodstock

チーズの8割はミルクで決まるといわれているそう。ではミルクが美味しくなるにはなにが必要なのか?……その答えは北海道にありました。

「ミルクそしてその先にあるチーズの美味しさは、大自然がもたらす恵みでできあがる」今回誕生した商品には、北海道を代表するチーズ職人をはじめとした監修者の方々やチーズ菓子専門店の技術が活かされ、チーズの可能性をそれぞれに追求したバリエーションになっています。

「SNOW CHEESE」のラインナップ

(1)SNOW WHITE CHEESE(スノー ホワイト チーズ)

チーズの美味しさが凝縮された生食感チーズチョコレートを香ばしいサクサク生地で包んだという『SNOW WHITE CHEESE(スノー ホワイト チーズ)』。

「SNOW CHEESE」の焼印が入った生地にくるんと巻かれたホワイトチョコレートは、ポコポコと穴が開いてまるで本物のチーズのよう! 見た目もとてもキュートです。

(2)SNOW GOLD CHEESE(スノー ゴールド チーズ)

サブレと芳醇チーズを合わせたという『SNOW GOLD CHEESE(スノー ゴールド チーズ)』。ザクザクとした歯ごたえが心地よいサブレとミルクが香るチーズチョコレートのハーモニーが楽しめるそう。

(3)CREAM&EDAM(クリーム&エダム)

クリームチーズとエダムチーズを使いもっちり食感に仕上がったという『CREAM&EDAM(クリーム&エダム)』。上には角切りチーズをのせ、チーズづくしの贅沢なスイーツに。チーズ好きにはたまらない一品でしょう!

 

チーズの可能性を追求したこだわりの新食感スイーツ。気になった方はぜひお試しください。

<商品情報>
■商品名:SNOW WHITE CHEESE(スノー ホワイト チーズ)
■価格:5個入 702円、8個入 1,037円、12個入 1,556円、16個入 2,074円(各税込)

■商品名:SNOW GOLD CHEESE(スノー ゴールド チーズ)
■価格:8個入 832円、12個入 1,167円、16個入 1,556円、22個入 2,139円(各税込)

■商品名:CREAM&EDAM(クリーム&エダム)
■価格:5個入 864円、8個入 1,296円、10個入 1,620円(各税込)

<店舗情報>
■店舗名: [SNOW] CHEESE (スノーチーズ)
■住所: 札幌市中央区北5条西4丁目7番地 大丸札幌店 地下1階「ほっぺタウン」内
■営業時間:10〜20時 
■休業日:1月1日

【参考・画像】“生食感チーズ”をコンセプトにした新ブランドオープン!チーズの可能性を追求したチーズ菓子専門店[SNOW CHEESE]が、大丸札幌店に2022年4月12日日本初出店! / 株式会社Woodstock

⇒こんな記事も読まれています
札幌在住ライターが厳選!一度は行きたいカフェ25選

【チーズケーキ特集】人気お取り寄せ&カフェまとめ




札幌ってどんなところ?
#札幌グルメ #札幌カフェ #札幌ラーメン #札幌観光