ニセコ山麓パーラー

今年の新語大賞は、チルい!北海道で行きたい「とっておきのチルスポット」5つ

年末が近づくこの時期は、今年一年を振り返りながら、その年に広まった新語や流行語が発表されるイベントがありますよね。今年も株式会社三省堂から2021年の新語が発表されました。今回は、今年の新語と、その言葉にぴったりの北海道のスポットをご紹介します。

今年の新語大賞「チルい」、その意味とは?

辞書のトップメーカーである株式会社三省堂は、2021年11月30日(火)に『三省堂 辞書を編む人が選ぶ“今年の新語2021”選考発表会』を実施し、2021年を代表・象徴する新語ベスト10を発表しました。

今回大賞に選ばれたのは、「リラックスした様子だ」「落ち着いて気分がよい」などの意味で使われる「チルい」

もともとは音楽分野の「チルアウト(chill-out)」から来ており、2010年代後半から「最高にチルい時間」「チルい雰囲気」など音楽以外での用法が徐々に広まったそう。

「チルい」が特徴的なのは、「外来語+い」の形の形容詞であるという点。外来語が形容詞化する例は少数で、それだけこの言葉が日常的で基本的な感覚を表すものになったと考えられるようです。

それではさっそく、そんな新語にぴったりの北海道の“チルい”スポットをご紹介します!

1:宿の窓から望む絶景の朝焼け「チャシバクINN」(洞爺湖町)

え、洞爺湖にこんな場所あった?と思ってしまう宿の場所は、洞爺町(旧洞爺村)の中心地、かつ湖まで徒歩0分という驚きのロケーション。本当に目の前が湖で、客室からの景色が最高なのはいうまでもありません。

湖を眺めながらの朝食も最高。『チャシバクINN』さん1階にある『チャシバクドーナツ』のドーナツと、選べるドリンクセット。波の音を聴きながら、ゆったりと味わえます。

<スポット情報>
チャシバクINN
北海道虻田郡洞爺湖町洞爺町109-1 【関連記事】
夢の湖畔暮らしを体験できる宿。穴場すぎる絶景スポットと絶品ドーナツ

2:羊蹄山を眺めながら食事ができる「真狩base」(真狩村)

コンテナを利用した外装がおしゃれで優しい雰囲気の「真狩base」さん。愛知県出身のオーナーがモーニング文化を取り入れたカフェとして話題です。

店内は温かみのある雰囲気のインテリア、ちょっとした小物にもこだわりが感じられ、とても居心地のいい空間が広がります。雑誌なども置いてあるので、ひとり時間の利用にもおすすめ。海外の方も多いことから英語表記があり、ちょっとした異国文化も味わえます。

店内の窓からは羊蹄山の姿が見え、これぞ北海道という景色を見ながら食事ができます。時間によってさまざまな姿の羊蹄山を見ることができるそうですよ。

モーニングでは、ドリンク1杯に無料でモーニングがサービスされます!

【関連記事】
無料でモーニングがついてくる!北海道では珍しい「愛知県風」カフェ(真狩村)

3:美容室とアパレルショップが一体になったカフェ「Flags Coffee Store」(北見市)

北見市の「株式会社BARB」さんが経営する「Flags Coffee Store」さんは美容室とアパレルショップが一体になったカフェ。

店内は2階まで吹き抜けになっていてとてもスタイリッシュな雰囲気。2階に上がると壁一面に電球がついていて、流れてくるBGMもおしゃれ。席に着くととてもリラックスできる空間が広がります。2階席は各席コンセント、Wi-Fiが完備しているのでパソコン作業にもぴったりです。

人気のサンドウィッチは種類豊富。付け合わせのポテトのソースは衝撃的な美味しさですよ!

【関連記事】
写真を撮る手が止まらない!おしゃれすぎる最先端的カフェ「Flags Coffee Store」

4:北海道の自然を感じるコンテナカフェ「ニセコ山麓パーラー」(ニセコ町)

『ニセコ山麓パーラー』さんは、スキー場「ニセコグラン・ヒラフ」のあるエリアから少し離れた坂道のちょっと奥まったところにあるコンテナのお店。お店のまわりには緑がたくさんあり、空気がとってもきれい。

店内に入るとカウンター、テーブル席合わせて6席ほど。広すぎない空間でゆったりと過ごせます。

「からだにやさしいファーストフードと珈琲、ときどきビール」がコンセプトの『ニセコ山麓パーラー』さん。メニューにもこだわっています。

なかでもサンドウィッチはボリューミーかつ見た目もおしゃれで美味しいと人気。パンがカリカリしていて食べ応えがあり、それでいてヘルシーな味付けと自家製ソースが癖になりますよ。

【関連記事】
待ち時間も苦にならない。北海道の自然を感じるコンテナカフェ「ニセコ山麓パーラー」

5:古い時代の中国へタイムスリップ「中国茶とおかゆと点心 奥泉」(東川町)

「中国茶とおかゆと点心 奥泉」さんは、東川町のお米とお水を使って炊いた美味しいおかゆと、香り高い中国茶、さらに点心まで楽しめてしまうというとっておきのお店です。

お店は木造建築の一軒家。店内には薪ストーブがあったり、お店の方がひしゃくでお水を汲んでいたりと、とてもノスタルジックな雰囲気。異国情緒がただよいながらも、どこか北海道らしさが残る素敵な内装です。

おかゆも点心も両方食べたいという方におすすめなのが『中華粥(小)と手打ち餃子(4ヶ)のセット』。

メインのおかゆは想像をはるかに超えた美味しさ。水餃子はもっちもちです。体と心が喜ぶメニューですよ。

【関連記事】
まるで三国志の世界!? 東川町にひっそり佇むお店で人生最高のおかゆを食べた

 

北海道の“チルい”スポットをご紹介しました。素敵なお店でのんびり、ゆったり過ごしてみてはいかがでしょうか。

【画像】ニセコ山麓パーラー

【参考】今後の辞書に載るかもしれない新語を三省堂が発表!「チルい」「○○ガチャ」「マリトッツォ」などがランクイン! / 株式会社 三省堂

※こちらの記事は北海道Likersの過去掲載記事をもとに作成しています。メニューや営業時間はお店の公式SNS等でご確認ください。

⇒こんな記事も読まれています
札幌在住ライターが厳選!一度は行きたいカフェ25選

【チーズケーキ特集】人気お取り寄せ&カフェまとめ


⇒おすすめ記事を編集部がPick UP!【PR】
By 北海道好きが自由に投稿!北海道Likers POST

【西山製麺のめん助が教える】味噌ラーメンの定番トッピング!TOP5+1

知らなかった!? ラーメンと言えば、この一杯「ラーメンのベスト5」