デントコーン畑

【全3問】北海道民なら見慣れているはず…!この畑なんの畑クイズ

北海道ではいたるところで農作物の畑を見かけますよね。普段見かける畑でどんな作物を育てているのか、畑を見ただけで答えられますか?

今回は、道民の身近にある畑の作物クイズを出題します!

【こちらもおすすめ!】
北海道民なら読めないとヤバい!? ちょっと読みにくい「市町村名クイズ」9問

1:札幌ではじめて栽培された「北海道の特産野菜」

写真は、これからの季節に大活躍する北海道の作物の畑です。みなさんは畑の写真から何ができるか連想できますか?

栽培されているのは“秋が収穫期”の野菜ですよ。

正解は“玉ねぎ畑”

実は、日本で初めてたまねぎを栽培したのは“札幌”なんだそう。

また北海道では、2019年のたまねぎ作付面積が、全国の作付面積の約56%を占め、収穫量・出荷量ともに全国で群を抜いて1位なのです(収穫量:842,400トン、対全国比約63%。出荷量:794,100トン、対全国比約66%)。

【関連記事】
道民ならわかるはず…実は札幌ではじめて栽培された「北海道の特産野菜」は

2:黄色い花が特徴的な「北海道を代表する作物」

続いてはこちら。写真の畑では、どんな作物が栽培されていると思いますか?

栽培されているのは、“北海道を代表する作物”です。どこかで見覚えのある“黄色いお花”や“大きな葉っぱ”がヒントになりそうです。

大ヒントは、“秋のイベントで大活躍する野菜”。

正解は“かぼちゃ畑”

畑クイズの正解は“かぼちゃ”でした。特徴的な見た目なので、ヒントなしでもわかった方は多いのではないでしょうか。

北海道はかぼちゃの作付面積、収穫量、出荷量、どれを取っても全国ナンバーワン。とくに出荷量は、全国のかぼちゃ出荷量の約55%を占めています(2019年度)。

まさに、北海道は“かぼちゃ王国”ですね。

【関連記事】
北海道民ならわかるはず!この畑で栽培されている「甘くて大きい野菜」は…

3:正解したらすごい!「人用ではない作物」

最後はこちらの畑。この作物は、みなさんが普段口にしているものとはちょっと違うんです。

難易度が高いので、正解したらすごいかも。

正解は“牛用のトウモロコシ”

おもに牛の餌として栽培されている“デントコーン”の畑でした!

デントコーンは実の部分だけでなく、茎や葉も丸ごと牛の餌にするため栄養が全体に広がっているんだそう! そのため人間が食べるスイートコーンと比べ、甘味はかなり少ないです。

スイートコーンと違い、デントコーンは、葉がバンザイをするように上に向いています。背の高さも2.5メートルと人よりも高いのが特徴です。

【関連記事】
違いがわかれば野菜のプロ!? 北海道でよくみるこの畑で育てている作物は…

 

道内には、まだまだたくさんの種類の畑があります。

身の回りにある畑から何ができるのか、チェックしてみると面白いかもしれませんね。

【画像】Ystudio、bigtora 、川村恵司、 kikisorasido / PIXTA(ピクスタ)

※こちらの記事は北海道Likersの過去掲載記事をもとに作成しています。

⇒こんな記事も読まれています

さすがに読めない?全問正解できたらすごい「漢字3文字」の北海道難読地名クイズ全5問

道民なら読める?噛むほど旨味があふれてくる北海道の定番おつまみ「冬葉」