中華まんじゅう

東京では買えないって本当!? 本州にいる道産子に送ってあげたいパン&お菓子3つ

北海道でおすすめの味といえば、みなさんは何を挙げますか? 人気店のチョコレートやクッキー、地元の名物など、北海道には魅力的な商品がたくさんありますよね。

今回は、道内と一部地域でしか味わえない北海道の定番パン&お菓子をご紹介します。本州にいる道産子にとってはきっと懐かしい味ですよ!

1:ロバパンの「特撰豆パン」

北海道だけで売られているパンのメーカーとして有名なのが、「ロバパン」。1931年(昭和6年)に札幌で創業し、2005年には「フジパン」と資本業務提携して、「フジパン」の商品も北海道ではロバパンとして売られています。

そんな「ロバパン」で有名なのが『特撰豆パン』。なんと、日本で最初の豆パンともいわれています。

パンのなかには大きな甘納豆がごろごろっとたくさん入っています。ほんのりと甘くしっとりとしたパン生地が、甘納豆とよく合う、やさしい味です。

慣れ親しんだ味の『特撰豆パン』。本州ではスーパーで出会えず、たまに食べたくなる人も多いかも。

【もっと詳しく】
「特撰豆パン」に関する記事はこちら

2:浜塚製菓の「うずまきかりんとう」

『うずまきかりんとう』は、かたつむりのようなぐるぐる模様と、傘のようなユニークな形状が特徴的なかりんとう。薄めに切って揚げられたかりんとうはサクサクと歯ごたえよく、噛むほどに美味しさがじゅわーっと広がります。

「浜塚製菓」の『うずまきかりんとう』は、オレンジのパッケージに“道産子ド定番”の文字が印象的!

かりんとう一筋の会社が50年以上作り続ける『うずまきかりんとう』は、美味しくて、懐かしくて、体にやさしい味わい。北海道ではスーパーなどに売っていますが、東京ではほぼお目にかかれないでしょう。

【もっと詳しく】
「うずまきかりんとう」に関する記事はこちら

3:中華まんじゅう

どこか懐かしい“中華まんじゅう(中花まんじゅう)”。北海道でいう中華まんじゅうは、肉まんを指す“中華まん”とは別物。半月型の和菓子で、外側はどら焼きのような生地で、なかにはこしあんが入っていて味は甘いです。たまに食べたくなる味ですよね。

なめらかなこしあんの味を引き立たせるよう、生地の甘さは控えめ。組み合わせとしては似ているどら焼きの生地がふわっとした食感なのに対して、“中華まんじゅう”の生地は薄くしっとりしています。

北海道では身近な和菓子屋さんに売っているこちらですが、東京で探すと一苦労かも。

【もっと詳しく】
「中華まんじゅう」に関する記事はこちら

 

北海道の定番パン&お菓子をご紹介しました。本州にいる道産子へのプレゼントにも喜ばれそうですね!

【参考】
特撰豆パン / 株式会社ロバパン
浜塚製菓株式会社
サザエ食品株式会社

【画像】浜塚製菓株式会社

⇒こんな記事も読まれています

北海道あるあるネタ!本州の人が驚くローカルフード9選【食べ物編】

全部知ってる?ほぼ北海道にしか売ってない「ご当地インスタント麺」4つ