TOP > 知る > ワイン好きのためのグランピング施設が余市に誕生!世界レベルを気軽に楽しめる

ワイン好きのためのグランピング施設が余市に誕生!世界レベルを気軽に楽しめる

北海道内一の生産量を誇るワイン醸造用のヴィンヤード(ブドウ畑)があり、「構造改革特別区域法」による『北のフルーツ王国よいちワイン特区』に認定されている北海道余市郡“余市町”。約1万平米の敷地に20棟という道内屈指の大型施設『余市ヴィンヤードグランピング』が9月18日(金)にオープンしました。

ワインツーリズムを盛り上げる!道内屈指の大型施設

一躍世界のワイン愛好家からも注目が集まるワイン生産地となった余市町ですが、家族経営に近いワイナリーも多く、日中の見学やテイスティングなど、まだ対応が追いついていません。また都市圏や海外への出荷が多く、現地でワインを購入し、あるいは地域の食材に合わせて楽しみたいというワインラヴァーの要望に対応できる事業者が、数少ないという現状があるんだそう。

そこで、北海道内企業や山梨をはじめ、各地でワインツーリズム®︎企画を長らく運営している一般社団法人ワインツーリズム、そして全国各地での地域再生事業連携を推進する一般社団法人エリア・イノベーション・アライアンスなどが共同出資した、ピエス株式会社が設立。宿泊施設プロデュースを行う、株式会社キリンジとピエス株式会社のパートナーシップを締結の上、ワインツーリズムを絡めたグランピング施設を、余市町登地区に開業することになりました。

『余市ヴィンヤードグランピング』は、約1万平米の敷地に、宿泊テントが20棟という道内屈指の規模。丘陵地帯にヴィンヤードが広がる登エリアの一角に施設を設けることで、エリア全体のワインツーリズムの起点とするとともに、ワインツーリズム集客の宿泊受け皿となります。

まるで海外のような空間で大好きなワインを楽しんで

客室は、ヨーロッパを意識したインテリアでコーディネート。暖房設備なども備え、アウトドアでも快適な滞在が可能です。客室でワインを楽しむのもいいですね。

平日素泊まりで1棟16,500円~(税込)。各テントにはダブルベッドを2台備え、定員は大人2名、子供2名まで。ファミリーでの滞在にも対応しています。GoToトラベルキャンペーンとの併用とともに、グランドオープン記念として独自に実施する北海道在住者対象の『勝手にどうみん割』を併用すると、宿泊は1名1,340円~となります。

三密を避けた、大自然を満喫できる新たなアウトドアスポットを手掛けた、株式会社キリンジ・社長の天川洋介(あまかわ ようすけ)氏は次のように語っています。

「札幌から自家用車で1時間圏内のマイクロツーリズムの動向、三密を避けたアウトドア施設への注目も高まるなか、余市の可能性は大きいと考えます。余市ヴィンヤードグランピングでは、美しい丘陵地帯とそこに広がる葡萄畑が織りなすランドスケープ、そしてその大地から生まれる質の高い余市のワインを、エゾシカなど現地の食材を用いたバーベキューとともに楽しむという滞在が可能。

キャンプよりお手軽に滞在できるグランピング施設として整備を進めてきたので、一人でも多くの方に楽しんで頂きたい。この秋には、ピエス株式会社が地元ワイナリーと組んだオリジナルワインの生産・販売のほか、本格的な葡萄畑の経営や、余市内の複数ワイナリーと組んだ新たな企画型醸造にも来春から乗り出す予定です。今後の展開についても注目していただければ幸いです」

 

余市の魅力を多くの人に知ってもらえるきっかけになりそう。今後展開される企画にも大注目です!

【参考】ハイレベルなワイナリーが集積する北海道余市町で、ワインツーリズムを絡めた宿泊を。「ヴィンヤードに泊まる」をコンセプトとした大型グランピング施設が9/18にグランドオープン。 / 株式会社キリンジ