お刺身盛り合わせ2

新鮮な中トロにホタテまで!? 「刺身盛りが驚きの破格」地元民が行きつける鮮魚店(函館市本通)<編集部のおすすめ2022>

“北海道を愛する人”に向けて、北海道の食や文化、人の魅力を発信している『北海道Likers』。今年もご愛顧いただきありがとうございました!

2022年、『北海道Likers』では実に800本以上の記事を配信してきました。そのなかで、今年とくに人気だった記事を『編集部のおすすめ2022』としてランキング形式でお届けします。

第3位に続き、今回は第2位のご紹介です。

*****

新鮮な中トロにホタテまで!? 「刺身盛りが驚きの破格」地元民が行きつける鮮魚店(函館市本通)

晩酌はお好きですか? お酒が好きな筆者は、日々の仕事の疲れやストレスを発散すべく晩酌が日課となっています。そんな晩酌のお供に、新鮮なお刺身があればもう最高……!

今回は新鮮なお刺身が手軽に購入できるお店、「石川鮮魚店」さんをご紹介します。

住宅街に移転オープンした「石川鮮魚店」

もともとは函館市柏木町にある「柏木町魚菜市場」内で営業していた「石川鮮魚店」さん。

以前から新鮮な魚介類が手に入ると有名でしたが、昨年2021年9月に住宅街である函館市本通町へ移転オープンして以来、より人気に拍車がかかってきたとお見受けしています。

「石川鮮魚店」さんの特徴といえば、なんといっても取り扱う魚介類の“新鮮さ”。

店内には大きな水槽があり、その日仕入れたイカや魚、貝類が泳いでいるんです!

そして「石川鮮魚店」さんといえば、店先にあるこちらの手書きの白板も魅力のひとつです。以前、「柏木町魚菜市場」で営業していた時は、ちょうど信号待ちしていると見える位置にあり、車で通るたびに味のある手書きの文字とほっこりするメッセージに癒されていた方も多いはず。

毎朝3時起きで仕入れ!鮮度抜群の魚が並びます

お店の中には新鮮なお魚がずらり。毎朝浜まで仕入れにいっている鮮度抜群の魚介類が所狭しと並んでいます。

筋子や鮭トバなどの加工品も販売しており、こちらも大変おいしいそうですよ。

新鮮なお刺身はショーケースに

おすすめは、お店に入るとすぐ見えるショーケースに並ぶお刺身。筆者はこのお刺身の大ファンで、晩酌のお供によく購入しています。

こちらは『お刺身盛り合わせ』(1,000円)。毎回新鮮なお刺身が5~6種類入っており、毎回大満足のクオリティです。

この日はマグロの赤身や、中トロ、ホタテなどが入っており、とくにイカの新鮮さには驚きました。

以前はアワビが入っていたことも。仕入れによってお刺身の内容が変わるため、毎回お店に行くのが楽しみです。

こちらは別日に購入した中トロとサーモンのお刺身。どちらも新鮮で脂がのってて絶品でした。

 

4月になり、今までと異なった環境に身をおいて疲れている方も多いかと思います。休日くらいは、嫌なことを忘れて美味しいお刺身をおつまみに晩酌を楽しんでみてはいかがでしょう?

<店舗情報>
■石川鮮魚店
■住所:北海道函館市本通2‐30‐11
⇒マップで見る

※元記事:新鮮な中トロにホタテまで!? 「刺身盛りが驚きの破格」地元民が行きつける鮮魚店(函館市本通)
※内容は元記事掲載時(2022年4月)の情報です。

⇒こんな記事も読まれています
札幌在住ライターが厳選!一度は行きたいカフェ25選

【チーズケーキ特集】人気お取り寄せ&カフェまとめ

LINE友だち追加