safilva北海道

【参加者募集中】限定の講演会も!札幌発・スポーツの応援でつながる経営者の新たなコミュニティとは

2022.08.01

北海道には魅力的な企業がたくさんあります。自社の成長はもちろん、地域の活性化や業種を盛り上げるため、奮闘している企業も多いでしょう。そんな北海道の経営者の方々に耳よりな、新しい取り組みが始まっています。それがスポーツチームのオーナーになることで参加できるコミュニティ、『クラブ経営3.0 オーナーズクラブグループ』。スポーツを通してさまざまな企業とつながり、企業を成長させていく新たなコミュニティへの参画は、企業にとって大きな一歩となるはずです。

「クラブ経営3.0」とは?

『クラブ経営3.0 オーナーズクラブグループ』の説明をする前に、そもそも『クラブ経営3.0』とは何かについてご紹介します。現在、スポーツに関わりがない企業にも、スポーツチームのオーナー(スポンサー)になる選択肢がなかった企業にもぜひ知ってほしい取り組みです。

スポーツチームのクラブ経営は、運営会社が一手に担っている、あるいは複数のスポンサー企業があるというのが一般的です。一方、『クラブ経営3.0』は運営会社やスポンサー企業だけでなく、チームを応援しているファンという個人も含めて、誰でもオーナーになれます。応援する全員でスポーツチームを支える、まったく新しいクラブ経営なのです。

そんな『クラブ経営3.0』を叶えるのが、株式会社スポーツネーションが運営する『スポつく』というモバイルアプリ。個人でも企業でもアプリに登録してオーナーになり、アプリ内でスポーツチームの応援ができます。デジタル空間のため、誰がどんな応援をしているのかも可視化。同じスポーツチームを応援している企業として関心を持ってもらえれば、認知度向上やイメージアップにもつながります。またアプリ内で企業の取り組みをPRすることも可能です。同じチームを応援している個人が顧客に、同じチームのオーナーになっている他社がビジネスパートナーにと、ビジネスチャンスを広げるためのつながりを作る場にもなっています。

【もっと詳しく】
スポーツ×デジタルで地域を盛り上げる!世界初「クラブ経営3.0」に注目
誰でもスポーツチームのオーナーに!? 企業と人をスポーツでつなぐ「スポつく」とは

「クラブ経営3.0 オーナーズクラブグループ」とは?

企業が『スポつく』に登録し、スポーツチームのオーナーとなって参加できるのが、最初にご紹介した『クラブ経営3.0 オーナーズクラブグループ』です。経営者のためのコミュニティとして、オンライン講演会や座談会を開催しています。

経営者同士で交流するだけでなく、ほかの企業とのコラボレーションの場になることも目的のひとつです。参加している経営者には「スポーツチームを応援している」という共通認識があるため、社会貢献性が高いコミュニティともいえるでしょう。

また『クラブ経営3.0 オーナーズクラブグループ』では、企業のつながりだけでなく、行政との関わりもあります。札幌市とはスポーツ教育や、スポーツを活用した街づくりを共に創っていく取り組みを進めているところ。今後は、『クラブ経営3.0』によって構築された企業やファンのネットワークを活用し、行政としての施策を増やしていく展望もあります。

【参加はこちら】クラブ経営3.0 オーナーズクラブ

コミュニティ限定のオンライン講演会や対談に参加できる

『クラブ経営3.0 オーナーズクラブグループ』では、スゴ腕の経営者をゲストとして招いています。

たとえばプロバレーボールチーム『Safilva北海道』の協賛企業である株式会社三五工務店の代表・田中裕樹氏と株式会社サフィルヴァ代表・三木氏の対談。札幌市で60年以上も続く企業の代表として、会社を引き継いだ経緯や3代目社長として社員に認められる難しさ、組織をスケールアップしていくために取り組んだことなどが語られました。

【もっと詳しく】株式会社三五工務店・田中裕基。「素材を活かす」道産木材と共存する家づくり

『Safilva北海道』の顧問であり、協賛企業でもある、株式会社ノーサイド・ウイングを起業した平野龍一氏も登場。「北海道を元気にしたい」、「北海道の企業のためになりたい」という思いから、華々しいキャリアを手放して札幌市で会社を起業した平野氏。自身のキャリアから得た大きな組織でのマネジメント方法、MVV(Mission、Vision、Value)の重要性について、対談で明かしてくれました。

さらにはグローバルパートナーズ株式会社の代表・山本康二氏は、株式会社スポーツネーション代表・三木智弘氏の知人であることから登壇が実現。ドバイを拠点に企業の海外進出をサポートする企業の代表として、馬雲(ジャック・マー)氏や孫正義氏を口説いた秘訣、さらには今後の日本企業に必要な考えまで話が展開されました。

このように『クラブ経営3.0 オーナーズクラブグループ』は、北海道の地域に根づいた企業からグローバルに活躍する企業まで、さまざまな経営者から学びとなる話を聞ける、とても有益な場。経営者としての視座を上げ、企業を成長させ、飛躍するきっかけをつかむ場になっていくこともコミュニティの目的です。

スポーツを通して、新たな経済圏を構築する

『スポつく』でスポーツチームのオーナーとなって応援をすれば、企業や個人がつながり、ビジネスチャンスも広がります。『クラブ経営3.0 オーナーズクラブグループ』に参加すれば、企業の成長に役立つヒントを得られるでしょう。

スポーツチームを盛り上げて、企業にも利益をもたらすことは、地域の活性化にもつながります。北海道の企業が北海道のチームを応援すれば、北海道の経済へ還元することもできる……これが『クラブ経営3.0』で目指す未来です。

 

現段階ではFacebookのグループに無料で参加できますが、8月以降は有料化し、スポつく会員のみ参加できるコミュニティとなる予定です。自社の成長に本気で取り組みたい経営者の方は、ぜひ新しい応援コミュニティ『クラブ経営3.0 オーナーズクラブ』へ参画してみてはいかがでしょうか。

【参加はこちら】クラブ経営3.0 オーナーズクラブ

※Jake Images / PIXTA(ピクスタ)

Sponsored by スポーツネーション